記事リスト

免許

特殊車両を運転するために

大型特殊免許を取得するメリットは転職時に有利なる点です。クレーン車やショベルカー、フォークリフトなど特殊な車両を運転できることで就職先も広がり給料の面でも優遇されます。また、比較的早くに免許取得できるのも大きな利点です。

教習所

いろいろな分野で活躍する

ショベルローダーなどを公道で走らせるには大型特殊免許が必要です。この免許を取得することによって除雪車や農耕トラクターなど幅広い車両を動かすことができます。それに加えて、高所作業車運転技能講習などを受けることで、幅広い分野で活躍できます。

重機

資格取得でスキルアップ

大型特殊免許の取得にかかる費用は、その取得方法により異なります。自動車学校に通う場合、普通免許所持者なら10万円?13万円、免許がない人なら17万円?20万円です。合宿免許の場合はホテル代等を含み8万円?13万円が相場です。

免許

気を付けておく点

大型特殊免許の取得を考えている方も多いでしょう。取得する際に気をつけるポイントでは、普通免許を持っているか、持っていないかで学科、実技時間が異なります。また、大型特殊は普通車と比べて車体の大きさや内輪差が違うので気を付けて運転しましょう。

教習所

運転することが楽しい

大型特殊免許の教習では、実際に特殊車両を運転するのですが、普段運転している車と違った新鮮さがあります。そして、オートマタイプを使っているところが多く、比較的簡単に取得できます。そして、建設系以外の仕事でも活躍できるため人気があります。

建設機械を運転できる

重機のおもちゃ

公道を特殊車両で走る

大型特殊免許は、普通の車ではなくトラクターやブルドーザーなどを運転することができます。そのため、建設系の仕事をする人の多くは所持しているというほどメジャーな免許です。実際に大型特殊免許を取得するためには、条件をクリアしている必要があります。まずは、年齢条件として満18歳以上となっています。ちなみに、大型自動車などは普通免許を所持していないと取ることができませんが、大型特殊免許はそのような条件がなく年齢をクリアしていれば取得できます。そして、実際に教習所で教習を受けるのですが、校内のコースを運転し公道を走る試験はありません。もちろん、実際に免許を取得すると公道を走れるため、しっかりと技術や知識を習得するように努力することが必要です。そして、教習では学科と実技があり、学科が22時間で実技が12時間となっています。ちなみに、普通免許を所持している人は学科が免除され、実技も6時間と短縮されます。そのため、普通免許を取得してから行ったほうがメリットがあります。費用としては、普通免許がある人は10万円前後、何もない人は17万円ほどが相場になっています。この部分は、教習所によって異なるため、入校する前に確認をすることが大切です。余談ですが、大型特殊免許では建設機械を運転できるのはもちろんのこと、戦車も運転できるということになります。そのため、自衛隊の人の多くが大型特殊免許を取得しています。そして、ブルドーザーを公道で走行させることができますが、除雪などの作業をする時には別に車両系建設機械等を所持している必要があるため、その点を確認しておくことも大切です。

Copyright© 2018 大型特殊免許を取得する方法を紹介【建設現場で働こう】 All Rights Reserved.