記事リスト

いろいろな分野で活躍する

教習所

建設など専門分野で必要

大型特殊免許があることによって、除雪車やショベルローダーなどを運転できるようになります。そのため、建設など専門分野で働くのであれば必要となる免許です。ちなみに、大型特殊自動車の大きさとしては全長12メートル以下、全幅2.5メートル以下、全高3.8メートル以下の車両となります。ちなみに、陸運局腸の許可があればもっと大きい車両も動かすことができます。そして、大型特殊免許を持っていることによって、小型特殊自動車や原動機付自転車も運転することができます。そして、農家の人も農耕トラクターを運転する時には必要となります。そのため、建設業以外でも大型特殊免許を必要としている人がいます。そして、公道を運転することができますが、バケットや移動式クレーンは扱うことができません。そのため、走行以外に作業をするのであればそれぞれ免許を取得する必要があります。最近は、大型億種免許と同時に移動式クレーン運転士免許実技教習や高所作業車運転技能講習も取り扱っている教習所が増えています。同時に取得することによって、実際に運転することができ仕事に直結させることができます。そして、年齢制限も18歳以上となっていて、普通免許と同じになっています。普通免許などを持っていることによって、学科が免除されるため短期間で卒業ができます。自動車学校によって異なりますが、2週間から1ヶ月ほどで取得できるようになっています。大型特殊免許を持っていることによって、初めにもあったようにショベルローダーなどいろいろな車両を運転できるため、幅広い分野で活躍できます。

Copyright© 2018 大型特殊免許を取得する方法を紹介【建設現場で働こう】 All Rights Reserved.