記事リスト

気を付けておく点

免許

車体の大きさに注意

クレーンやロードローラー、フォークリフトなどを運転する為には大型特殊免許の取得が必須となります。仕事の関係上、大型特殊免許を取る必要のある方も大勢いらっしゃいますが、取得する際に気を付けておく点も把握しておき準備を進めておくと良いでしょう。まず、普通車と比べて大型特殊免許で運転する車体は大きくなります。その為、普段よりも充分に安全確認をする事が大切ですので心掛けておきましょう。大型特殊免許の教習では普通免許のある方で実技は6時間で済みますが、免許を何も持っていない場合は学科が10時間、実技も12時間に増えるので覚えておきましょう。1日に受けられる教習は2時間と決められているので、免許を持っている場合でも3日は必要になります。さらに、検定日はその後日に行う必要がある為、最低でも4日は掛かるので仕事の都合等がある場合はしっかりスケジュールを組んでおきましょう。大型特殊は、普通車と違い内輪差がありません。前輪が通った場所を同じように後輪も通るので、始めのうちは慣れない方もいますが運転していくうちに慣れてきます。運転方法は勿論、教習検定の際にコースを覚える必要があるので、身体が忘れないうちに連日通い続けた方が検定に通りやすくなります。大型特殊免許はあくまで公道を走る為に必要な免許です。作業場で大型特殊を運転する場合は、必要な資格が変わってくるので合わせて取得を目指す事をお勧めします。お近くの自動車学校の情報を集めて、詳細を調べておきましょう。

Copyright© 2018 大型特殊免許を取得する方法を紹介【建設現場で働こう】 All Rights Reserved.