記事リスト

運転することが楽しい

教習所

特殊車両を運転する

大型特殊免許を取得することで、ブルドーザーやパワーショベルなどの建設機械を運転できます。特に、建設会社で働く人は初めに取得することが多く、比較的難易度も高くないため人気があります。もちろん、建設系の仕事以外でも活躍することができ、キャリアップにもつながります。ちなみに、普通の人は運転することはありませんが、戦車も大型特殊免許で運転ができるという部分もあり人気です。費用としては、教習所や所持免許によって異なりますが、普通免許ありの場合は6万円から8万円ほどで大型特殊免許を取得できます。それに加えて、教習時間も実技だけになり、6時間運転をすることで教習が終わります。そのため、最短で4日ほどで教習が終わり、卒業検定に合格すると免許センターで適性検査などがありそちらも合格すると取得できます。そして、実際に使われている車両はマニュアルタイプを利用しているところもありますが、全体的にオートマタイプを使っているところが多いため操作も簡単です。その点も大型特殊免許が人気の理由の一つでもあります。ちなみに、普段運転している車の感覚とは少し異なり、車体の大きさや高さも違うため新鮮さを味わうことができます。ちなみに、大型特殊免許だけでは道路を走行するだけで、作業ができません。そのため、実務としては作業免許が必要となり、合わせて教習を受けられるところもあります。組み合わせで多いのが車両系建設機械やフォークリフトなどで、一緒に申し込みをすることでセット割引が安くなることもあります。しかも、同時に教習を進められるため短期間で終わらせられるというのもメリットがあります。

Copyright© 2018 大型特殊免許を取得する方法を紹介【建設現場で働こう】 All Rights Reserved.